非言語コミュニケーションは改善できるのか?

最近夢を見る。学校や会社でリアルに関係があった人たちが出てくる。いつも同じパターンで最後は嫌われているのが分かっているのに一生懸命話しかけたり良好な関係を築こうとして涙ぐましい努力をしていることだ。もちろん目覚めは嫌な気分になる。

きっと自分はこの夢のような生き方をしてきたのだろうと思う。過去を振り返ると確かに良好な関係を求めてどんな相手にも必死にしがみついてきたような気がする。今は真逆でどんな相手も受け付けないようになってしまった。極端過ぎるんだよな。もう少し他人との距離感を上手く取れたらいいのにな。

ところでYouTubeで内向型を公言している人が「内向型はコミュ障ではない」と話していた。てっきり内向型=コミュ障と短絡的に考えていたけど違うらしい。内向型は良く言えば思慮深いので個性と言えるからね。なので内向型が問題なのではなくコミュ障が解決しないといけない問題なんだろう。コミュ障は話す言葉よりも視線や表情などの視覚的なもので相手に不快感を与えてるのだと思う。いわゆる非言語コミュニケーションに難ありなんだよ。柔和な表情で相手の目を見て話すことができればいいのだけど今の自分にはそれができない。過去の負の蓄積が大き過ぎるよ。

人間関係 自分のこと
スポンサーリンク
シェアする
棒をフォローする
内向型人間が命ある限り生きていく

コメント