人間関係仕事

また懲りずに面接を受ける

来週にまた面接を受ける予定になっている。本気で就職したい普通の人にとっては気力も湧いてくるのだろうけど、私はものすごく億劫な気分だ。面接自体も嫌なのだが万が一採用されても会社内の人間関係のことを考えると前向きになれない。なので普通は内定をもらえたら嬉しいはずだが私は嬉しくないのだ。

社会に出てからというもの人間関係が下手で逃げるように職場を転々としてきた。歳を取るごとに逃げるのが早くなっている。3日とか2週間で辞めたこともある。在宅勤務でない限り半年、1年と続けるのは困難だと思う。

こんな状況になっているのは過去に囚われているからだろう。嫌な思い出をたくさん積み重ねてきたから私の精神的な土台は嫌われる不安で出来上がっている。仏教の教えに反しているし頭では理解しているけど、過去は終わったことだから気にするなと簡単に割り切れるものではない。

そういえば嫌われる勇気なんて本があったな。人間の悩みのほとんどは人間関係だとか書いてあった気がする。私を嫌うのは相手の問題であって私の問題ではないとか。嫌われる勇気を持てと言われても一人や二人だったらまだ我慢できるかもしれないけど、ほとんど全部の社員から嫌われたらそんなこと言っていられないわ。我慢の限界を超えたら逃げるかクビになるかどちらかしかない。

まあ今から取り越し苦労をしても仕方ない。不採用通知をもらうのも気分が悪いのでまずは内定をもらえるように頑張らないといけないな。何をどう頑張ればいいのか分からんけど面接の時点で嫌われてるのは自信がある。

スポンサーリンク
シェアする
棒をフォローする
内向型人間が命ある限り生きていく

コメント