不愉快なお祈りメール

面接の結果通知が来た。予想はしていたけど不採用だった。まあそれはいい。しかしあの『今後のご活躍をお祈り申し上げます』という定型文はイラつく。日本の社交辞令や定型文句の慣習は無くせないものだろうか。くどくて不快な思いをさせられるだけだ。自分は社交辞令が大嫌いで言うのも言われるのも気分が悪い。

受けた会社は地方のゴミみたいな零細だったから仮に採用になっても年収は300万円にも届かなかっただろう。それに鬱陶しい人間関係が絡んでくるとなるとこちらにメリットは何も無い。正直ホッとしている。

もう応募したい企業も無いからしばらく活動はストップしようと思う。会社勤めするにせよ個人で何かするにせよやっぱり完全リモートワークがいい。自分みたいな奴はなるべく人間と接しない働き方を模索していくしかない。それを再認識した就活だった。

仕事
スポンサーリンク
シェアする
棒をフォローする
内向型人間が命ある限り生きていく

コメント