人間関係自分のこと

人間が怖い

自分は思春期の頃から人が怖いと思ってきた。人間が怖いというのは要するに人に嫌われるのが辛いということだ。自分で言うのもなんだけど、たぶん普通の人よりもはるかに自意識過剰で他人には優しくしなくてはいけないという気持ちが強すぎるんだと思う。

こんな性格というか質だから、少し仲良くなると気後れして何となくぎこちない言動をとるようになってしまい相手を疲れさせてしまうのだろう。実際、学生時代も社会に出てからも直接ではないけど話してると疲れると言われたことが数回ある。

大人になった今、せめて仕事だけでも長く続けられればいいのだけどそれもままならない。歳をとるごとに悪化している。最近は秒速で嫌な顔をされることもある。きっと心の状態が表情に現れているんだろうな。自分でも自分の顔が嫌いなのだから仕方ない。

社会不安障害というとわかりにくい。昔でいう対人恐怖症だ。でも決して人間嫌いではないよ。むしろ人との繋がりを強く望んでいる。でも上手く付き合えない。悲しいけど自分はやっぱり一人で暮らしていくしかないのかな。気の合う友人がほしい。

スポンサーリンク
シェアする
棒をフォローする
内向型人間が命ある限り生きていく

コメント